NexSeed瀬戸内校とは?

NexSeed瀬戸内校は
四国・香川県高松市に
「グローバルに活躍できる
IT人材を育てる」

ことを
目的として創られた学校です。

NexSeedという名前は「次世代(Next)で活躍できる、優秀な人材の種(Seed)を育てたい」という想いから付けられました。
NexSeed瀬戸内校は、フィリピン・セブ島で初のエンジニア留学をスタートさせ、現在も海外にあるテックスクールの中で高い評価を得ているNexSeedセブ校のITエンジニア養成コンテンツを四国に輸入し、瀬戸内海に面した香川県高松市からお届けする、グローバルに活躍できるIT人材を育成するエンジニア養成プログラミングスクールです。
【英語×プログラミング】を短期間で学ぶことができる合宿形式のエンジニア国内留学は、英会話スクールとプログラミングスクールの融合型スクールであり、就職や転職、フリーランス(在宅ワーク)としての独立や起業に強い他に類を見ない国内初の革新的な教育サービスであると自負しています。

NexSeedの由来

こんな方におすすめ!

  • 今の生活を抜け出したいけど
    学歴もスキルもない
  • 転職したいけど
    学校中退だし仕事を選べない
  • フリーランスになるための
    スキルが必要
  • 社内政治に疲れたし
    フリーランスとして独立したい
  • 学歴はないけど
    スキルを身につけて就職したい
  • 在宅でリモートワークを
    するためのスキルがほしい
  • 英語力を身につけて
    キャリアアップしたい

NexSeedが考える「グローバルに
活躍できる人材」とは?

最近なにかと耳にする「グローバル人材」という言葉。
海外展開を目指す企業は多い一方で、実際の海外のビジネスの場で活躍できる力を持つ人材は非常に少ない現状にあります。では「グローバル人材」とは一体どのような人を指すのでしょうか?ただ英語を話すことができれば良いのでしょうか?
NexSeedでは、「グローバル人材 = グローバルなビジネスで活躍できる、スキルとマインドを持ち合わせた人材」という定義を持っています。

海外留学経験や語学力ももちろん大切です。しかし、ビジネスにおいて重要なのは「成果を出せるかどうか」ではないでしょうか。
グローバルなビジネスで成果を出すために、まず英語力を伸ばしコミュニケーション能力を高めます。
一般的な英会話スクールでも英語でのコミュニケーション能力は伸ばすことができるでしょう。

しかし、NexSeedは、ただ英語を使ったコミュニケーション能力を伸ばすだけではありません。
英語力(スキル)だけでなく異文化適応能力(マインド)の教育にも力を入れています。なぜなら、日本における常識が海外でも通用するとは限らないからです。
日本国内にありながら日本の価値観に固執せず、多様性を受け入れることができる異文化適応能力を伸ばすために実際に海外で働く講師が授業を行うのです。

グローバル環境下でパフォーマンスを発揮し、グローバル人材として成果を出すために英語力と異文化適応能力を伸ばすのがNexSeed瀬戸内校です。

エンジニア国内留学という人生の転機となるような経験と多数の卒業生に裏打ちされたNexSeedの育成カリキュラム。
NexSeed瀬戸内校のエンジニア国内留学なら初心者・未経験者でも「グローバル人材」になることができます。

海外派遣者に求められる能力

海外派遣者に求められる能力
グローバル人材の育成と活用に関する実態調査
(産業能率大学 総合研究所, 2011)

グローバル人材に必要な3要素

グローバル人材に必要な3要素